男性更年期障害 症状

男性更年期障害の症状について

 

男性更年期障害症状

男性更年期障害って最近になってメジャーな言葉になりつつありますね。

 

 

それこそ、「更年期」といったら女性に特有の症状であるという認識から、

 

 

男性にそういう症状が現れても、更年期であるということに気づけなかった時代もありました。

 

 

男性更年期に特有の症状は、目が見えなくなるとか、最近元気がない、とか、文字が読みづらくなる、

 

 

など、一見、老化現象、もしくはうつの症状と勘違いしがちなものばかりです。

 

 

うつ病かと思って、うつの治療をしていたところ、全く効果がなく、

 

 

よくよく調べてみたら、男性更年期障害だった、ということが判明することがよくあるみたいです。

 

 

男性更年期障害はすべての男性に発生するわけではありません。

 

 

だからこそ、認知度は低いのですが、適切な処置を施せば治療ができるものですので、

 

 

自分が中高年で、ちょっとうつかもしれないと思ったときには、一度、メンズクリニックに行ってみるのも一つの手かもしれませんね。

 

 

男性更年期障害は、男性ホルモンの急激な低下によるホルモンバランスの乱れです。

 

 

男性ホルモンを外部から取り込むと自身で男性ホルモンを作る力が落ちてしまうので、

 

 

その判断は医師の診断を受けて、実施するかどうかを決めるのがよいでしょう。

 

 

 

トップページへ